高血圧の原因と改善方法!

こちらでは、高血圧の原因と改善方法を紹介しています!

こちらでは、高血圧の原因と改善方法を紹介しています!

高血圧

高血圧の原因は病気によるもの?

man-42

主な高血圧の原因は、食生活の乱れや運動不足など、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

また、両親が高血圧の場合は、遺伝することがあると言われています。

これら高血圧の原因は、一次性高血圧(本態性高血圧)と言って、生活習慣を見直したりすることで、血圧も下がっていく可能性があるんです。

しかし、生活習慣を見直しても、一向に血圧が下がらない場合、もしかしたら別のところ原因があるかもしれません。

例えば、腎臓が関係している病気がある場合は注意が必要です。

中でも、「腎性高血圧」や「腎血管性高血圧」は血圧が高くなる原因になります。

ちなみに病気が関係している場合は、二次性高血圧と言います。

二次性高血圧の場合は、生活習慣を見直すというのではなく、病気を治療しなければなりません。

病気が治れば血圧も下がっていく可能性が高いでしょう。

ですので、生活習慣を改善したけど血圧が下がっていかない場合は、もしかしたら、何らかの病気が関係しているかもしれませんので病院で診てもらいましょう。

尿検査や血液検査を行うことで、病気にかかっているかを判断しますので、高血圧が続くような場合は、面倒でも一度、病院に足を運ぶようにしましょう。

そして、適切な治療を行うことが大事です。

自己判断で大丈夫と決めつけると、病気が悪化する可能性もあるので注意してください。

高血圧ならアルコール飲みすぎに注意しよう!

alcohol3


高血圧になる原因の一つにアルコールの飲みすぎがあります。

なので、毎日のようにお酒などを飲まれる方は注意しなければいけません。

アルコールの場合、少量であれば、健康にも良いと効果をもたらすので適量で止めることができるなら飲んでも問題ありません。

問題は、飲みすぎてしまう場合です。

アルコール中毒なんて言葉もあるぐらいなので、くれぐれも注意してください。

では、どのぐらいの量であれば問題ないのか?

適量と言うは・・・

ビールなら中瓶1本500ml

日本酒なら1合180ml

焼酎なら0.6号110ml

ワインなら1/4約180ml

このぐらいの量になると思ってください。

そして、なるべくなら週に2日ぐらいは禁酒日を作ってもいいかもしれませんね。

そもそも、なんでアルコールが高血圧の原因になってしまうのか?

その理由は、アルコールの過剰摂取で心拍数が上がり心臓に負担がかかること。

それと、飲みすぎるとナトリウムの感受性を高めてしまうので、その結果、慢性的な高血圧となってしまいます。

また、肝臓を悪くすることもあるので、飲みすぎてはいけないわけですね。

ちなみに上手なお酒の飲み方としては、アルコール度数の低い物とお水を用意して、交互に飲むのがいいようです。

最初から度数の高い物を飲むと体に負担がかかるので気をつけてください。

どうしても、お酒が止めれらない場合は、血圧を下げるためにも禁酒するようにしましょう。

血圧が高いなら玉ねぎを食べよう!

tamanegi1


人によって高血圧の原因にも違いがありますが、血圧が高いと言う事であれば、玉ねぎを食べるのもいいと思います。

でも、なんで玉ねぎがいいでしょうか?

玉ねぎには血液サラサラ効果とか期待されていますよね。

これは玉ねぎに含まれる硫化アリルと言う成分の効果によるものです。

他にもケルセチンやグルタチオンなどの成分が含まれています。

効果としては・・・

コレステロールや動脈硬化を予防する
血液の凝固を抑制する
血管を詰まらせる血栓を防ぐ
免疫力をアップ
脂肪燃焼
疲労回復

これら健康効果に期待されています。

血液をサラサラにすると言う事は、血流改善にもなるので血圧を下げることにもなります。

ただし、玉ねぎに含まれる硫化アリルと言う成分は、水に浸すと流れてしまうので注意が必要です。

サラダにする場合、カットして水にさらす人がいますがこれでは効果がないので覚えておきましょう。

それと玉ねぎを炒める場合は、カットしたらしばらく放置しておくのがいいようです。

料理でも色々と使ったりできるので、高血圧が気になる人は、玉ねぎを食べる習慣をつけるといいかもしれませんね。

また、今では、酢玉ねぎとと言って、カットした玉ねぎにお酢とハチミツを入れたものが良いと言われています。

玉ねぎとお酢の力でより効果的に血圧を下げることができるでしょう。

睡眠不足が高血圧の原因になるって本当?

woman-6


高血圧になる原因には一体何があるのか?

もしかして、睡眠不足になっているなんてことはありませんか?

実は、睡眠時間が短い人って高血圧の原因として考えられているんですね。

なので、寝る時間は5時間以下とか短い人は注意が必要です。

でも、なんで睡眠時間が短いのがいけないのか?

それは、ホルモンバラスが整わないのと血管修復が行われないからです。

先ず、ホルモンランスが整わないと言う事は、自律神経も乱れがちになります。

本来であれば、交感神経と副交感神経がバランス良い状態がいいのですが、睡眠時間が短い人は、交感神経が優位になるので血圧が高くなってしまいます。

それにホルモンバランスが乱れていると便秘や肌荒れなどにもなりやすいです。

なので、美容と健康に悪影響が出てしまうと言う事になります。

そして、睡眠は、血管を修復するのですが、睡眠不足になると血管は傷ついたままので、場合によっては血管が破れる可能性もあります。

そこまでいかないとしても、血管に傷がつくとそこにコレステロールが溜まり、血管が細くなってしまい血圧も高くなります。

ですので、睡眠不足が続くのはいけませんし、血圧を下げたいなら、質の良い睡眠をとること大事です。

なるべく7~8時間は寝るようにしてください。

コツとしては、早寝早起きをするといいです。

中には早く寝れないという人もいるでしょう。

そんな人は、不眠症の対策もしなければいけません。

夜いつまでもテレビを見たり、スマホをする人がいまが、寝る前に強い光を浴びると寝つきが悪くなるので、寝る1時間前は、それらを止めて寝る準備をしてみてください。

例えば、リラックスできるような音楽やアロマをやるとか。

また、朝なかなか起きれない人は、起きたらカーテンを開けて光を浴びるようにするといいです。

そうすれば生活のリズムを取り戻すことができて、睡眠時間も確保でき、血圧も下がっていくでしょう。

減塩で高血圧対策することが大切!

もし、高血圧で悩んでいるなら、減塩をするのも一つの方法です。

塩分を過剰摂取している人は、高血圧にもなりやすいですし、胃がんや腎臓疾患、不整脈や心疾患など、様々な病気を引き起こすリスクが高くなります。

ですので、健康の事を考えているなら、減塩をするようにしましょう。

では、どのぐらい減塩すればいいのか?

高血圧患者の場合、塩分摂取量の目安としては、6g以下とされています。

ですので、まずは、6gを目指すようにするといいでしょう。

ただ、6gと言われても、なかなかピンとこないもんですよね。

実は、カップラーメンで考えてみると、スープまで飲み干すと、一杯だけで5~7gぐらいは、塩分が入っています。

たった一杯で6gの塩分を摂取してしまうんですね。

もちろん、スープを残したり、粉末スープを半分の量にすれば、カップラーメンでも減塩することは可能です。

他にも、お刺身やお寿司などで醤油をべったりとつける人がいますが、刺身の一部分だけつければそれだけでも減塩になりますよね。

また、調理の段階で塩や醤油を少なくするのもお勧めな方法です。

今では、減塩レシピもネットで多く掲載されているので、それらを参考にするのもいいでしょう。

つまり、考え方やちょっとした工夫で6g以下に抑えることはできます。

最初は、薄味に満足しないかもしれませんが、減塩に慣れてくると食材の味などもわかるようになってきます。

高血圧で悩んでいるなら、ぜひ減塩にチャレンジしてみてください。

高血圧の原因と対策を徹底解説! 
ギャラリー
  • 高血圧の原因は病気によるもの?
  • 笑うと自律神経が整って血圧も下がる?
  • 高血圧ならアルコール飲みすぎに注意しよう!
  • 血圧が高いなら玉ねぎを食べよう!
  • 睡眠不足が高血圧の原因になるって本当?