高血圧の原因にもいろいろあるのですが、その一つにストレスがあります。

人間なら誰でもあるのですが、過度にストレスを抱えてしまうと血圧が高くなる可能性があるので注意しないといけません。

でも、どんな関係があるのか?

実は、ストレスが加わると自律神経が乱れてしまうのですが、それが影響して血圧が高くなってしまうんですね。

なので、ストレス対策を行う必要があります。

手っ取り早いのは、体を休ませることです。

体を休ませることで自律神経も安定してきますので、それで血圧も下がってきます。

昼休みの時間を利用して15分ぐらい体を休ませるのも効果があります。

他にも、軽い運動をしたり、自分の趣味を楽しむのもいいですね。

ちなみにストレスを溜めやすい性格もあるので注意してください。

例えば、几帳面な人や神経質な人は、ストレスを溜めこみやすくなります。

また、1人で問題を解決しようとする人や話をあまりしない人も注意してください。

ストレスを発散させるためにアルコールに頼る人がいますが、飲みすぎてしまと血圧が高くなるので気をつけましょう。

さらに食べることで発散させる人もいますが、これも食べ過ぎれば肥満になりますし、肥満は高血圧の原因にもなります。

ですので、正しい方法でストレスを解消させるようにしましょう。