高血圧になる原因の1つに運動不足というのが挙げられます。

つまり、早い話、運動不足を解消するだけで血圧が下がっていくんですね。

しかし、どんな運動でも良いというわけではありません。

血圧を下げるために無酸素運動を行うと、そのまま倒れることもあるので、気をつけなければいけません。

やるべき運動は、有酸素運動です。

ダイエットでもおなじみ有酸素運動には、ウォーキングや水泳や自転車などがあります。

これらの運動を一日30分以上やるのがいいと言われています。

ですが、仕事などで長時間体を動かさない人は、これだけでは不十分です。

体を動かさない状態が続くと、血流が悪くなり、血圧は高くなってしまいます。

ですので、そんな人は、有酸素運動に加え、ストレッチやマッサージ等を行い血流を改善させてやる必要があります。

できることなら、常に体を動かすのがいいですが、それが無理なようなら、時間の合間にストレットを行ってください。

それと通勤などは歩くようにすれば、運動不足を解消することができ、それで血圧も下がっていくでしょう。

なかなか血圧が下がらないという人は、この機会にカラダを動かしてください。

また、運動不足を解消しても、食生活を見直しても血圧が高い人は、一度病院で検査をしてもらうことを強くお勧めします。

場合によっては、何らかの疾患から高血圧になることもあるので気を付てください。