man-34


高血圧になる原因
としては、自律神経の乱れが挙げられます。

交感神経が刺激されると、血圧が高くなるので、副交感神経を優位にさせればいいわけです。

副交感神経は、リラックスしている状態で、交感神経は緊張している状態と思ってください。

では、交感神経が高まっている場合はどうすればいいのか?

色々と方法は、ありますが、その一つに笑うというのがいいようです。

笑う事でも副交感神経が刺激されて、その結果、緊張をほぐす効果だったり、血行促進効果も期待できると言われています。

ちなみに、今では、笑うことが免疫力がアップに繋がると言うんですね。

免疫力がアップすれば、健康には大変良い効果が期待できます。

また、笑うの他に・・・

溜息をつくというのも良いと言われています。

溜息は、息を長く吐くことになり、副交感神経が優位に働くと言われています。

なので、あえて溜息をつくのもいいですが、呼吸法をマスターするのも大変効果的です。

腹式呼吸で息をゆっくり吸って、ゆっくり吐く。

これであれば、繰り返すことができて、副交感神経が優位に働き、それで血圧も下がってくるでしょう。

いずれにせよ、笑うにしても、溜息をするにしても呼吸と大きく関係があります。

高血圧で悩んでいる人は、自分なりに色々試してみてください。